ツイート

BASIC ACTION ブロッキング

ブロッキングは相手の攻撃を受け止めるディフェンスなので少なからずダメージを受ける危険はありますが
自分の攻撃も当てられる距離に入り込めるディフェンスです。

左のブロッキング

オーソドックス構えなら体が右半身で構えているので
左のブロッキングをする際には体を少し左へ回転させて
体が正面または少し左へ向くような感じでガッチリ受け止めましょう。

回し過ぎないように気をつけましょう。

右のブロッキング

オーソドックス構えの右のブロッキングの際にも少し体を左へ回して正面を向くような感じでガッチリ受け止めましょう。
ここまでは主にフックのディフェンスとして使います。

ストレートのブロッキング

ストレートのブロッキングはしっかりとアゴを引いて体を正面にして頭の前で両腕を使って受け止めましょう。

この時に相手から目を離さずガードの隙間からパンチをしっかりと見ながら受け止めましょう。

横のブロッキング:ポイント

横のブロッキングをする際には
腕が水平くらいになるように肘を上げて
拳、肘、肩で三角形を作り頭をしっかりと覆いましょう。

肘を上げすぎたり
肘の曲げが少なくて頭が出てしまわないように注意しましょう。

今回書いたブロッキングのテクニック以外にもブロッキングのコツはあります。
人それぞれやり方はあると思いますが私の思うコツを次回書いていこうと思います。