ツイート

BASIC ACTION ブロッキング2

ブロッキングのレベルアップしたやり方を説明します。
 
前に書いたブロッキングでは拳、肘、肩で受け止めると書きましたが
実戦で相手のパンチをブロッキングし続けて相手のリズムが把握できてきたら
パンチが当たる寸前にガードを少し突き出してパンチを弾きましょう。

ブロッキングの体勢から

腕を外へ開いてパンチを弾きましょう。

逆も同じく

腕を外へ開いてパンチを弾きましょう。

うまくできるようになると相手にパンチを打ち込まれる前に弾けるので
自分にはダメージはなく逆に相手のリズムやバランスを崩すことができます。
 
腕が開きすぎると隙間が大きくできてパンチが滑り込んでくるのと
相手のパンチとのタイミングが合ってないと逆に弾かれてダメージを受けてしまいますので注意しましょう。