ツイート

BASIC ACTION パーリング3

よりオフェンシブなパーリングのやり方です。

オーソドックススタイル同士もしくはサウスポースタイル同士でのことでオーソドックススタイル対サウスポースタイルとなると異なるので注意してください。
 


オーソドックススタイルの左ジャブ左ストレートなどを左手でパーリングすると相手との距離は遠いままです。
 
上の図で見てもわかるように相手のパンチも届かないところでディフェンスするとくらうリスクは減りますが自分の反撃もしにくい距離になります。
 


相手の左ジャブ左ストレートを右手でパーリングすると距離が近い状態になるのでパンチをもらうリスクは生まれますがしっかりとしたパーリングができていれば手を伸ばせば届く距離に相手はいるのですぐに反撃できます。
 
パーリングした後に逆の手で反撃するラインを書きましたが距離が違うのは一目瞭然です。

図は両方とも受けた手とは逆の手で打ち返すように描いてありますが受けた手で打ち返す手段もあります。
 
そのときも図1のように相手の左を左で受けて左で打ち返すにしても距離があるのでしっかりと前へステップして打つ必要がありますが図2ではその場で体重移動と回転をすれば届く距離なので動作が少なくてすみます。