ツイート

Let's just TAKE IT EASY!    

ヨガ:集中力を高め気持ちをスッキリさせるポーズ!

  November 02, 2014    

腹筋や背筋を使ってバランスをとり骨盤に重心を置きながらゆったりと両腕を伸ばします。
全身を四方に伸ばすので身体のだるさや倦怠感・疲労感を緩和し気持ちがスッキリします!
また、バランス感覚を養う他、下半身の強化にも効果的です。

【半月のポーズ】
1.肩幅よりやや広めに足を開いて立ち右のつま先を外側に向け両手を肩の高さに上げて息を吸います。
2.息を吐きながら状態を右に倒し左足を床から離して斜め後方に引き上げます。この時前屈みにならないように気をつけます。
3.右手を床について左足は床と平行になるように上げます。息を吸いながら左手を天井に向かって伸ばして3呼吸。足を入れ替えて同様に。

ヨガ:冷えや足のむくみを緩和するポーズ!

  October 31, 2014    

骨盤周りの血流が改善されるので冷え・むくみの緩和や太ももの引き締めに効果的!

毎朝起きる前にかかさずやっているポーズのひとつです。
無理せずゆっくり骨盤周りをほぐしながら気持ちよく伸ばしましょう!

【足を開くポーズ】
1.両足を広げた後坐骨を床に付けて骨盤を立てます。手を腰の後ろに付いて身体を前に倒す前に息を吸いながら一度胸を引き上げます。
2.息を吐きながら股関節から上体を倒して猫背にならないよう下腹部を引き上げ(1でやった胸を引き上げた状態のまま)背筋を伸ばしたまま腕を前に伸ばします。
3.太ももの裏を床に押し付けるように意識し、伸びている所に空気を入れる様なイメージでゆっくり深い呼吸を続けます。

筋肉痛

  October 27, 2014    

前回の記事で筋肉痛のことを書いたので補足的に触れてみようと思います。
 

そんな今も昨日のトレーニングで狙って追い込んだ部位が筋肉痛で良いトレーニングができたなと思い込んでいます。
 
しかし筋肉痛についてはいくつかの説がありこれという痛みのでる根拠はまだ明確にはなっていないようです。
 
トレーニングをして筋肉痛にならなかったからと言って必ずしも良いトレーニングができなかった訳ではないのであしからず。

 
逆に筋肉痛を求め過ぎて無理な重量や高負荷なトレーニングをするとトラブルの原因になるので無理をし過ぎず無理をしてトレーニングをしましょう。

変わる気ありますか?2

  October 26, 2014    

「筋肉痛で腕が上がらないので休みます」
 

「筋肉痛で脚が動かないので休みます」
 
そう言ってトレーニングを休んでしまう人がいます。
 
今の自分の身体はまずいと気がついたりアスリートやモデルの身体に憧れてなどトレーニングを始める動機はさまざまですが普段の生活習慣以上の運動をすれば大抵の場合筋肉痛はやってきます
 
それを理由に休んでしまっていると久しぶりにトレーニングをしてまた筋肉痛になってまた休んでという身体に変化は現れずにしんどい時間を過ごすことを繰り返すばかりになります。


身体を変化させられる人はトレーニングを完全に生活習慣にしていきます。
 
トレーニングの翌日に筋肉痛になっていても
 
「ベンチで120挙げたから胸が筋肉痛だよ…」
 
「かなりの高重量担いじゃったから脚がやばいよ…」
 
「全力でサンドバッグを5R叩いたから背中がバキバキ…」
 
などと筋肉痛を喜んでいるかのような口調で話しながらその日もトレーニングを続けていたりします。
 
アスリートならばそれを当然のように行っています。
 
アスリートのような身体を目指すならそのくらいやらなければダメだということです。
 
格闘技で言えばボクシングやキックボクシングなどはスパーリングや試合をする事が身体にかなり良くないですがそのくらいの身体を創るつもりでトレーニングすることは身体にいいのではないかと私は考えます。

変わる気ありますか?

  October 25, 2014    

痩せたい」「筋肉をつけたい
 

一概にそれだけとは言えませんがそう考えてトレーニングを始める方も多いと思います。
 
TAKE IT EASYではボクシングやキックボクシングも行えるのでそれらを始めて「強くなりたい」と考える方もいらっしゃることでしょう。
 
トレーナーとしてはそのように決心して来てくれた方の要望に応えるためにしっかりとサポートする用意をしています。
 
しかしトレーニングに来ているのにトレーナーの言うことを聞かず注意されても指摘されたところを直さなければケガのリスクは上がりトレーニング効果は著しく上がらなくなります。

 

今の自分からの変化を望んでトレーニングを始めてみたものの自分のやりやすいように動いているようでは普段の生活とあまり差がなくなるつまり効果が上がりにくいという事です。
 
トレーナーの指示に従って行った動きは初めてやることが多いと思うのでできなくて当たり前。それをトレーナーのサポートのもと反復して行いできるようになったときにその動きに必要な運動神経や筋肉が成長するものなのです。

TAKE IT EASY について

六本木・広尾・麻布エリア 西麻布交差点から徒歩1分。完全予約制のボクシング&キックボクシングジム。プライベートな空間で人目を気にせずボクササイズではなく格闘技本来の動きを通じてひとりひとりの目的に合ったトレーニングを!